マッサージで疲れた身体を癒しましよう - 2016

いつも疲れてるあなたに素敵なマッサージをプレゼント




[PR]



2016年12月08日(Thu)▲ページの先頭へ
ものすごい肩こりでマッサージによく行きます
私は50代の女性です。仕事はデスクワークで1日中パソコンを使い仕事をしています。猫背でもありますので肩こりがひどく、頭痛もするときもあります。時には吐き気もあり寝込むこともあるのです。そんなひどいときにはマッサージのお店によく行きます。クイックマッサージで簡単にすますこともありますが、時間があるときには、女性専用の全身オイルマッサージを頼むこともあります。これは完全予約制なのでほかのお客様と会うこともないのでゆったりと施術を受けることができます。お値段はちょっと高いですし、紙パンツ1枚になるのでなかなか抵抗はありますが、全身をオイルでマッサージされたときは本当に気持ちよくてついつい寝てしまいますね。お店も使い分けていて4軒くらいあります。ひどいときにはちょっとハードなお店でぐいぐいマッサージされると次の日が楽ちんなんです。生理前とか頭痛がするときには軽めのマッサージで対処します。そうすると生理中が楽になるのです。自分の体調を管理しマッサージのお店も使い分けています。仕事も続けたいのでマッサージはありがたいですよね。運動もしたほうがいいのですが、私は断然マッサージ派なんです。最近は安いお店もたくさんできてうれしい限りですね。


2016年11月04日(Fri)▲ページの先頭へ
趣味はマラソン。練習後や大会前にマッサージへ。
趣味でマラソンをやっており、月に100kmほど走ります。
練習後にはいつも行き着けのマッサージに行っています。

練習で体全体の筋肉(特に下肢)が硬くなっているので、ほぐしてもらっています。
セルフマッサージを行うこともありますが、ももの裏や腰など自分では難しい部位もあります。
脛の筋肉や腸腰筋など、すみずみまでほぐしてもらえるので、やはりプロに任せるのが一番です。

ちなみに練習の疲れはどんどん蓄積されるので、余り疲れを感じていなくてもなるべく通うようにしています。
疲れを自覚する前に取り除くのが重要だと思っています。
時々練習のし過ぎで腰痛になってしまうことがあるので、腰痛予防のためにもマッサージはかかせません。

また、大会の前には筋肉をほぐすだけでなく、関節の動きも診てもらいます。
マラソンでは腕の振りも重要になるので、股関節だけでなく、肩の関節の動きも診てもらい、可動域も広げてもらいます。可動域を広げてもらうことにより、より少ない力で足を上げ下げできるようになります。

関節の可動域の広さは、日常生活ではそれほど意識することはありませんが、マラソンのように同じ動きを何時間もするような競技では非常に重要になってきます。
大会の前にマッサージに行くのと行かないのでは当日の調子が違って来るので、これからも練習後や大会前には通いたいと思っています。



2016年10月02日(Sun)▲ページの先頭へ
マッサージ終了後のさっぱり感はクセになります
データ入力の仕事をしていた頃、首筋が酷く突っ張るような感じになり、また一日中座りっぱなしの仕事のためか、腰痛も起こるようになってしまいました。
病院へ行った方が良いのかなぁと思いつつも丁度忙しい時期で、中々時間の空きが作れませんでした。
ようやく訪れた休日は日曜日。当然病院はお休みです。せめて湿布か塗り薬でも買おうかな…と、外出するとふと家の近所に新しくマッサージのお店が出来ていました。お店の前に出されたボードには開店記念で期間限定の割引の文字が。
実はこの手のお店には入ったことが無かったのですが、以前から興味があったこともあって思い切って入ってみました。
店内はクリーム色の壁と木目の床、置かれた観葉植物や、静かで落ち着いたBGM。入ってみてこれは当たりだと思いました。
全身コースをお願いして、応対してくれたのは小柄な女性の店員でした。男性の店員もいましたが同性の方で安心しました。
小柄な方でしたがさすがプロ、しっかりした力で文字通りきちんとツボな場所を揉み解してくれます。とても心地よくて、マッサージで眠ってしまう方もいるという話に納得しました。
「どこか気になる部分はありますか?」と聞かれたので冒頭のとおり首と腰のあたりが特に気になると言ったところ、「確かに凝っていますね〜、あまり長引くようなら病院で見てもらった方が良いですね」とアドバイスしてくれました。時折痛みを覚えるときもありましたが、自分の気づいてない所であちこちガタがきていたようです。デスクワークな分運動不足もあったのだと思います。
そうして40分が過ぎ、終わった後は全身がとてもスッキリしました。そしてハーブティを頂きながら少し体を休めてから家に帰りました。
後に仕事は転職しましたが、今でも時々そのお店に通っています。終わった後のあの何とも言えないさっぱりした感じは何度体験しても良いもので、友人たちにも勧めています。



2016年08月31日(Wed)▲ページの先頭へ
私の至福の時
マッサージへはよく行くのですが、その中でもお気に入りのマッサージ店の感想をお話しします。
そのマッサージ店は日帰り温泉に隣接しているお店で、マッサージを受けたい場合温泉の入場料も支払いしなければならないのですが、私は休日で予定がない場合は午前中から温泉につかり、お昼もそこでご飯を食べて午後全身マッサージをするのがリラックスタイムとしてとてもお気に入りです。
全身マッサージはアロマを使って頭のてっぺんから足のつま先まで本当に全身してくれるのですが、日頃細かい書類を見る事が多い為に目が疲れたり首が凝ってしまったりしている時に、ベテランのスタッフの方に頭のマッサージをしてもらうと本当に血が流れる(血流)のがよーくわかって本当に気持ちがいいのです。午前中にまず露天風呂に浸かって結構がよくなっているのもありますが、温泉で代謝がよくなりその上でマッサージをしてもらうのでこの順番は私の中での決まり事みたいになっています。
フェイシャルをやってもらう事もありますが、あくまでもリラクゼーションを目的としているので基本背面だけです。
また、脚もむくみやすい為にとっても軽くなります。脚のむくみを放っておくと固く脂肪と化してしまうと聞いているので、週に1回のこの時間はとっても大事と思っています。


2016年07月26日(Tue)▲ページの先頭へ
マッサージ師さんとの相性次第
肩こりがひどいので定期的にマッサージに通っています。
マッサージ師さんにも上手下手があり、
また相性もあるため、自分に合う人を見つけるのはなかなか難しいものです。

私は力が強めの人が好きなので、女性よりは男性のほうが合っています。
今までしてもらっていた方々は全て年輩の男性でした。
でも、今の担当さんは初めて女性の方です。
女性ですがパワーがあるので、すごく気に入っています。

初めて担当さんが女性になって感じるのですが、
やはり女性に施術してもらったほうが安心感があります。
マッサージってお尻付近だったり、意外とデリケートな部分も触れるんですよね。
年輩とはいえ男性の方だと、たまにドキッとすることもあるので、
その点ではやっぱり女性同士のほうがいいのかなと感じました。
会話も弾むし、安心して身を任せる事ができるような気がします。

力が強めの人が好みとはいっても、
ツボも関係なく、ただ力任せにおされると痛いだけだったりします。
本当に上手な人は、力が弱くてもピンポイントでツボを押してくれるので、
終わった後の身体の軽さが全然違います。

先日、そういう人に初めて出会ったのですが、
この人になら定期的にしてもらいたいかもという気持ちになりました。

結局は好みと相性の問題。
合う人がすぐ見つかればいいのですが、こればかりは運なんですよね。
満足のいく施術を受けたければ、
相性が合う人に出会うまで、色々なお店に行ってみるべきだと思います。


2016年06月30日(Thu)▲ページの先頭へ
気持ちよかった気功マッサージ
今はやめてしまったのですが、以前気功マッサージに通っていました。先生は女の人で、結構力がありました。
まず、背中を肘でマッサージするのです。背骨に近いところから、わきの近くまで、丁寧にやってくれました。
受けた感想としては、イタ気持ちいいという感じでしょうか。適度にコリがほぐれました(時々背骨の横が凝るのですが、かなり効いた記憶があります)。
続いて足ですが、こちらもじわじわと浸みこんでいくような感じです。足が疲れているときには、絶妙の感覚がありました。
足の裏もついでにやってくれるのですが、いわゆる足裏マッサージと違い、痛くて我慢できないというほどのことはなく、かなり気持ちよかったです。
そのあとは、仰向けになり、体の表面をほぐします。表側は、裏側ほど心地よくはないのですが、それでもしっかりとやってくれました。
最後に、目の周りに力を入れてくれます。目がすっきりとし、気のせいか視力がやや良くなったような気さえしました。
ここの気功マッサージ店は、交通の便があまり良いところではないのですが、それでも結構混んでいました。先生の腕がよかったせいだと思います。
いずれまた、お世話になるかもしれませんが、先生には引き続き頑張ってもらいたいです。



2016年05月21日(Sat)▲ページの先頭へ
地元の有名店にて
地元にカイロプラテックを専門に掲げる有名なお店がある。そこに数回通うとどんな肩こりも腰の痛みも治せるというものだ。当時私は、激しい首こりと肩こりに悩んでいたため、藁をもつかむ思いで門を叩いた。そこは個人経営のお店で、12畳ほどのこじんまりとしたところだった。店主は気の良さそうなおじさんで、コミュニケーションがとても上手な方だった。これも治療に大きく影響しているのかもしれない。ただ、施術内容についてはカイロプラテック?と疑問符をつけざるを得ない。自身は「ソフト整体です」と言っていた。それは首周りの筋肉や鎖骨周りを重点的に刺激するというもの。しかし至ってソフトである。また、脇のウラを揉むこともあった。すべての施術が終わると、必ずストレッチを行う。個人的にはこのストレッチが一番効果があった気がする。ストレッチについては至ってシンプル。誰でも一度はやったことがあるものだ。そして、必ず姿勢チェックのためにiPadで撮影が行われる。iPadに正しい姿勢の情報が入ったアプリがあり、自分の姿勢と照らし合わせるのだ。私も数回通ううちに徐々に徐々にではあるが、正しい姿勢に近づいていった。ある時、全く意識せずに正しい姿勢が行われるようになった時、ひどい肩こりや首こりはいつのことだったか忘れてしまっていたのであった。


2016年04月18日(Mon)▲ページの先頭へ
スーパー銭湯でのマッサージ
スーパー銭湯には様々な施設が入っている。私が受けたのはその中にあったごく一般的なマッサージであった。半袖半ズボンに着替え、仰向けに寝転がると、露出している部分にオイルが塗られた。そして少しずつ体重をかけながらマッサージが開始された。オイルの香りと、他愛のない会話から少しずつ眠りの世界にいざなわれているのが分かる。マッサージも強いものではなく、ほとんど触っているだけ?のような感じだった。話を聞いてみると、強い刺激で行うマッサージの場合は体の防衛反応が働いてしまい、もみ返しが起こるそうだ。「しかし、これでは弱すぎるのでは?全く効果が感じられないのですが…」と聞くと、「大丈夫です。体のコリの部分を攻撃するようなイメージではなく、優しく話しかけるようなイメージなんです。徐々に徐々にあなたの筋肉が動いてきていますよ」正直その時は全く実感がなかった。ただただ気持ちがいいだけ。しかし、やはり気持ちがいいのでそのまま眠りに落ちてしまった。20分ほどたったところで起こされた。その頃には全てのマッサージが終わっていた。結局、香りと睡眠を楽しんだだけになってお金の無駄だったかもしれないと思ったが、その後の体の軽さは今まで経験したことがないものだった。2ヶ月ほどは体がこることもなく仕事が捗ったので、その後定期的に通うことになった。


2016年03月24日(Thu)▲ページの先頭へ
私のマッサージの歴史
私は高校時代からひどい肩こりに悩んでいました。その頃はまだマッサージの世界など全く知らないため、肩こりを解消する方法も持たず、ただひたすら我慢するだけといった状態でした。社会人になり、友人から誘われて初めてマッサージ店に行ったのが、私のマッサージの歴史のはじまりです。
丁寧に、人の手で揉みほぐされる快感に、もう虜になってしまった私。それからというというもの、月に数回ペースでマッサージ店に通うようになりました。行きつけのお店もありますが、旅行などに行った際には、現地のマッサージ店を探して行きます。空港やホテルの出張マッサージなど、様々なマッサージを体験しました。
そして数年前に、今度はマッサージされる側ではなくする側になってみたいと思い立ち、スクールに通い技術を取得。マッサージ店にも2年程勤める経験もしました。
現在は、マッサージされる側でもあり、する側でもある訳ですが、私の中である変化がありました。それは、自分がされる側になった時、施術者の手技に対して厳しくなったことです。されるだけだった時には気にならなかった手技に、「あ、この人は疲れている部分が分かっている人だなあ。」とか「この人は、まだ経験が浅いんだな。全然疲れた部分が触っただけでは分からない人だな。」などと評価するまでになってしまいました。当然、自分自身がする側になった時、同じように評価されているに違いないと思うと、プレッシャーも感じます。
しかしながら、全ての施術者の手技が全ての人にとって心地よいのかというと、そうではありません。要は、いかに自分に相性のよい施術者に出会うか、ということです。私自身も、やっと見つけた自分の体の悩みにぴったり合う施術をしてくれる方に出会い、そちらに足繁く通わせていただいています。まあ、好奇心旺盛なので、旅に出る際は現地でもマッサージを楽しむことは続けていますが。
みなさんも、自分に合った施術者に早く出会い、体のメンテナンスを効果的に行い、楽に日常を過ごせるようになったらいいですね。
出典


   




mkgkの自由文言2

カレンダ
2016年12月
       

アーカイブ
2015年 (8)
4月 (5)
5月 (2)
6月 (1)
2016年 (9)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2017年 (6)
7月 (1)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)

アクセスカウンタ
今日:3
昨日:4
累計:39,779